キャットフード売り場に行くと、一見似たように見えるキャットフードの値段の差にびっくりするかもしれません。いったいなにが違うのでしょうか?まずキャットフードは、普及品の「レギュラ一フード」と、上級品の「プレミアムフード」に大別されます。プレミアムフードとは「AAFCO」(AssociationofAmericanFeedControlOfficials:米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリアしたものを指すことが多いのですが、厳密に定義されてはいません。プレミアムフードは、品質を重規しているタイプのキャットフード全体をおおざっぱに分類していると思ったほうがいいでしょう。少し前まで、国内の低価格キャットフードの成分は「しょせん家畜のエサ」という認識ゆえか、海外のキャットフードに劣っていました,特にヨーロッパでは、古くからネコの品種改良が盛んになされ、栄養管理の研究もされていたのでしょう。高価ながらもキャットフードの品質は、輸入製品のほうがすぐれていました。しかしそのような状況を打破すべく、近年では普及クラスの製品であっても、動物栄養学にもとづいた、きちんとした成分構成になってきました。原材料の表示や栄養素割合を比べてみても、あまり差を感じないように思います。田あまりに安いキャットフードにはかならずワケがあるでは、キャットフードはどれを選んでも変わりはないのでしょうか?それは違います。人の食べ物でも見えないところで差があるように、キャットフードにも差はあります。キャットフードメーカ一は材料の原価をなるべく抑えたいため、小麦粉、肉、トウモロコシ、油脂などを、安価に輸入して使用しています。入用としては不適格なものを使用することが多く、なかには相当に粗悪な原料を使う場合もあります。たとえば「4Dミート」という人用不可の最低ランクの内や、屠場で廃棄されるはずの内勘産物(骨、内臓、便が人ったままの腸なじも、表記上は肉扱いとなります。品質に問題があって本来は廃棄しなくてはいけないような原料も、ブローカーによって安く買い取られて供給されたりします。これら原材料の安全性や信頼性は、プレミアムフードだからといって盲信できるものではありません。とはいえ、ブランドイメージを背負って販売される高価な商品では比較的、粗悪な原料を使っている可能性が低いのではないかと想像できます。もちろんあやしげな材料を使用しているキャットフードメーカーが、みずから明かすわけがありません。明確に「人が食べられる品質の肉」を使用していると宣言している場合を除き、程度の差はあれど、あまり上等の素材は使用していないと思ったほうがよいでしょう。人の食品と違って、キャットフードは法律の規制がゆるく、各種の添加物は事実上、野放しになっています。あまりにひどいものは苦情が寄せられるなどして改善されているはずですが、悪影響がはっきり確認できない製品はそのままです。抗生物質や農薬、保存料、発色剤、香料など、発がん性や内臓に害を与える毒性をもつ材料の使用などが疑われるものや、アレルギーのもとになるアレルゲン物質がふつうに使われているケースも見られます。プレミアムフードの一部には、このような添加物を使用していないことをウリにしているものもあるので、食べ物に反応して体調を崩している疑いがあるネコは、キャットフードを変更してみてもいいでしょう。ただしネコが好まない、下痢しやすいなどの不安定さを押し切ってまで、「飼い主が考える最高のキャットフード」を押しつける必要はありません。余裕がある飼い主は自分で作るのも。動物病院に来院される方から、「100%安全なおすすめキャットフードはないのか?」とよく聞かれます。しかし残念ながら、そういうキャットフードはありません。人の外食産業や加工食品でも、毒物混入や食中毒、表記偽造が横行しています。2007年には中国から米国へ出荷された植物原料に、有毒な窒素化合物や殺鼠剤が混入していました。困ったことにこれは、下請け飼料メーカーに納入されたあと、一流メーカー各社に卸されたのです。結果、皮肉にもプレミアムフードを食べさせていたはずの々ネコが数千頭も死止するという大惨事になりました。日本へ輸出されていた製品も該当し、リコールが大量にかかりましたので、覚えている方も多いと思います。大規模な訴訟が起きているはずですが、日本ではほとんど報道されていません。絶対に安全といえるキャットフードを食べさせたい人は、次項で述べる手づくりキャットフードにするしかないでしょう。しかしこのような事例を除き、プレミアムフードはレギュラ一フードを品質面で上回ります。値段だけの価値があると思うかどうかは人それぞれですが、少しでも安全ですぐれたキャットフードを、と考えるなら、プレミアムフードの中から選んだほうがよいでしょう。人という生き物は食の喜びを大事にするようで、実にいろいろなものを食べます。その食い道楽精神を飼っているぺットに適用したり、愛情表現の一端として、あるいは安全な食品を目指した到達点として、手づくりのキャットフードを与えたりしている人をときどき見かけます。本などにも手づくりキャットフードのレシピが掲載されることがあり、試してみた人もいることでしょう。しかし手づくりキャットフードはよく注煮してつくらないと、かえってお腹を壊したり、栄養の偏りを生んだりする可能性があります。まじめに取り組むとかなり手間がかかるので、獣医としてはあえて手づくりにしなくてはいけない理由、たとえばアレルゲンの回避などがないかぎりは、一般に販売されているキャットフードでいいと考えています。ネコに野菜を与えるときはかならず砕いてから人は雑食性ですがネコは肉食獣の末商ですので、動物性タンパク質がおもな材料となります。また野生では、獲物の腸を丸ごと食べることで、その中にある消化された植物栄養素を吸収しているとされています。確かに、野菜のような植物,性の材料は必要なのですが、肉食獣は自力でそのままの野菜を消化できないので、前もってミキサーで粉砕するなどの加エが必要です。野菜類はしっかりとつぶすようにしてください。見た目がグチヤグチャで、人の目から見るとまったくおいしくなさそうですが、必要な栄養素を吸収しやすくするにはこのほうがいいのです。
安全キャットフードランキング